あなたの街の専属リフォームコンシェルジュ 千葉市で外壁塗装・屋根塗装なら「おゆみ野工房」

ベランダ・防水リフォーム

●ベランダの防水リフォームご検討ください

千葉市でベランダ・防水リフォームをお考えの方は「おゆみ野工房」にお任せください!ベランダの防水加工が劣化すると、雨水が下地に侵入して雨漏りを引き起こし、家の内部へと腐食して家全体の寿命を縮めてしまうことになりかねません。ベランダは、紫外線や雨の影響を受けるため、定期的に補修や防水工事を行う必要があります。まずは、現場調査に伺い、確かなお見積り金額をご提示させていただきます。千葉市でベランダ・防水リフォームをご検討中の方!まずはお気軽にご連絡ください!

●こんな症状が出たら補修工事のサインです!


【はがれ・ふくれ】
はがれには2パターンあり、表面のトップコートが剥がれてしまっているだけなのか、シートごと剥がれてしまっているのかにより料金が変わります。シートごと剥がれている場合、防水層ごと再度作り直す必要があります。一方、表面のトップコートのみがはがれている場合は、早急にトップコートの再塗装を行う必要があります。

【水がたまる】
ベランダに水がたまる原因は、排水口(ドレン)にゴミが溜まっている、防水効果が切れてしまっている、雨水を自然に流すための勾配処理がそもそもなかったなどが考えられます。まずは、ご自身で排水口の掃除を行い、水が流れるかを確認することをおすすめします。

【植物や藻の繁殖】
ベランダの床を割って、植物が芽を出している、藻が発生している場合は注意が必要です。特に、雑草の根や茎は、強く頑丈なため、成長していく過程でコンクリートを破壊してしまう場合があります。放置したままでいることで、防水層だけでなく、住宅自体を損壊させる危険性もあるため、早めのリフォームを検討ください。

【雨漏り】
雨漏りは、防水工事の中で最も緊急性が高い症状です。ベランダの床の防水性が失われると、水が建物内部へ浸入し、建物を支えている大事な柱や梁、骨組みなどが錆びたり腐食させたりしてしまう危険性があります。早急にご連絡ください。

●防水工事の種類
種類
工事内容
メリット・デメリット


FRP防水


繊維強化プラスチック(FRP)を使用した防水工事です。現在、新規住宅のベランダのほとんどがこのFRP防水です。


【メリット】
・防水性・耐熱性・耐久性に優れている
・工期が短い など

【デメリット】
・伸縮性がない
・紫外線や地震でヒビが入る
・定期的に塗り替える必要がある など


ウレタン防水塗装


ウレタン樹脂塗料を塗る防水工事です。あらゆる場所で塗装することが可能です。


【メリット】
・複雑な形状のベランダでも施工可能
・作業工程が簡単
・工期が短い など

【デメリット】
・人の手による作業のため仕上がりは職人の技術次第
・劣化と亀裂に弱い
・約5年ごとに塗り替えが必要


シート防水


防水シートを粘着テープや接着剤などで下地に貼りつけて防水します。屋上の防水に向いています。


【メリット】
・FRP防水と比べて安価
・伸縮性がある
・下地の亀裂にも柔軟に対応できる など

【デメリット】
・損傷しやすい
・複雑な形状の場所には用いづらい など


アスファルト防水


合成繊維不織布にアスファルトを含ませ、シート状のルーフィングを貼り重ねていく、歴史が古い工事方法です。


【メリット】
・防水性能を確保しやすい
・低コスト
・耐用年数が長い など

【デメリット】
・工事の手間が多く、工期が長い
・アスファルトを溶かすので、工事中に臭いが発生する など

ベランダ・防水リフォームに関する
よくあるご質問はこちら

施工事例はこちら

お気軽にお問い合わせください TEL 043-292-6633

受付時間 9:30〜18:30

メールは24時間受け付けております

PAGETOP
Copyright © 千葉市緑区のおゆみ野工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
お問い合わせ